不動産に対する欧米と日本との違い。 | 広島市、中区、十日市町、賃貸、アパート、マンション周辺の不動産をお探しなら広島市の不動産なら広島ハウザー㈱へにお任せ下さい。

広島市中区で創業30年♪広島ハウザー株式会社のホームページです!

082-293-0004

営業時間9:30~18:30 定休日営業部:毎週水曜日 第二・第四火曜日  管理部:無

総物件数129
2019/03/19 16:29更新

オーナー様へ

インターネット等で広く募集をされたいオーナー様、

そんな時は弊社ホームページをご利用ください。

もちろん掲載料は無料です。

現地確認、写真撮影、入稿等も弊社で行います。

空室でお困りのオーナー様は一度、ご連絡ください。


最近見た賃貸物件はありません。

広島ハウザーが運営する貸しコテージ『市木倶楽部』

のどかな空間でゆったりとした時間をお過ごしください(*^^*)

会社案内
店頭画像
会社名
広島ハウザー株式会社
730-0805
住所
広島県広島市中区十日市町1丁目4-28
TEL1
082-293-0004
TEL2
082-293-2146
FAX
082-293-6715
免許番号
宅地建物取引業 広島県知事(8)第6538号
営業時間
9:30〜18:30
定休日
営業部:毎週水曜日 第二・第四火曜日  管理部:無

お友達に

友だち追加
アットホーム引越し見積もり
日記
不動産に対する欧米と日本との違い。

あくまでも一般的な話です。

欧米では不動産に対して短、中期的に転売を繰り返しながら利用するという考え方が一般的らしいです。

一方、日本は一旦、不動産を居住目的で所有すると長期的に所有するという考え方が多いと思います。

そもそもから違いますね。

アメリカでは建物のメンテナス(グレードアップ)をしっかりして資産価値を落とさないようにするという考え方が一般的らしいのでそれが使える状態かどうかが重要視されるみたいですね。使える間は資産ということです。

日本はスクラップ・アンド・ビルドという考え方なのでメンテナンスをそこまで重要視せず、古くなったら壊して建て替えるというマインドが一般的かと思います。新築時が一番価値が高く、年数が経つにつれて資産としての価値は少なくなるという考えなのでそういう考え方になりますよね。

どちらの考え方が正しいとかではなく、文化が違うので考え方が違うのは当たり前の話ですね。

では。

投稿日:2019/01/08   投稿者:-