2018年8月23日の奇跡。 | 広島市安佐南区周辺の不動産をお探しなら広島ハウザー株式会社にお任せ下さい。

広島市中区十日市町エリアで創業30年♪地域密着型の不動産会社「広島ハウザー株式会社」

営業時間9:30~18:30定休日営業部:毎週水曜日・第二・第四火曜日 管理部:無

2018年8月23日の奇跡。

今見ても鳥肌が立ちます。

8-5で迎えた9回裏。マツダスタジアム。

この回の先頭打者の曽根海成選手はセンターフライ。

1死で次の打者は俊足、野間峻祥選手。

ショートゴロで一旦なアウトの宣告を受けましたが、リクエストの結果セーフに。

この辺からファンの歓声はアゲアゲに。

1死ランナー、一塁で打者は一発が期待できるバティことバティスタ選手。

コンパクトにセンター前ヒット。

1死ランナー、一塁二塁。

迎えるはまたまた一発を期待できる丸佳浩選手。

スコーンとバックスクリーン横へ3ランホームランで8-8の同点。

勢いは完全にカープ。

ざわざわが落ち着かない中でまたまたまた一発を期待しちゃう4番、鈴木誠也選手。

またまたスコーンとレフトへサヨナラホームラン。

この打席はスライダーを待っていたようなタイミングのとり方でした。

実況が、「ミラクル完成」と叫んでいました。

この試合は記憶に残る一つの試合でした。

興味のある方は検索してみてください。

では。

 

投稿日:2019/02/18   投稿者:-